オープンソースGIS
地理情報システム(GIS)は、行政機関や民間事業者などの様々な分野で利用されており、 利用可能な電子地図データも簡単に入手できるようになってきました。 また、行政機関や民間事業者などが地図上に地域情報を重ねて配信するサービスも注目されています。 今後もGISはインターネット基盤上の様々な場所で構築されるようになっていくと考えられます。 特に最近では、これらのシステムを構築するにあたり、高額なシステム構築費用をかけずにシステムを実現できるオープンソースGIS(WebGIS)が多く使われ始めています。
ソフトベンチャーは、「独立行政法人防災科学技術研究所 防災システム研究センター 災害リスク情報プラットフォームプロジェクト(BOSAI-DRIP)」が構築した 「eコミウェア」の利用促進と発展を図るため、 協議会の設立を目指して「eコミウェア利用推進協議会設立準備会」 にも賛同しており、オープンソースソフトウェア/オープンソースGISソフトウェアを利用したシステム開発を推進し、お客様のご要望に応じたコストパフォーマンスの高いGISの構築を積極的にサポートします。
主な事例

行政統合型GIS

行政統合型GIS オープンソースGISソフトウェア(MapServer, OpenLayers など)を利用しての行政統合型GIS構築を行っています。

防災情報システム

オープンソースGISソフトウェア(MapServer, GeoServer, OpenLayers, PostGIS など)を利用してのシステム構築をサポートしています。
オープンソースGISソフトウェアの殆どは、空間データの世界標準・相互運用性(Interoperability)を目指す非営利国際標準化団体である 「Open Geospatial Consortium, Inc.® (OGC)」 が策定した標準仕様(OpenGIS® Standards)に準拠していますので、同標準仕様に基づき公開している様々な地図情報(災害情報)との分散相互運用が可能になります。