Encrypta クライアントPCのデータ保護 情報漏えいを未然に防ぐ究極の個人情報保護ソフト
選ばれている理由
FAQ
Q1. eCipherGateって何?
A1. eCipherGateとは、データベースを部分暗号化するソフトウエアです。データベースに eCipherGate経由で読み出し、書き込みを行うアプリケーションは暗号処理を意識する必要はありません。eCipherGateがリアルタイムで暗号/復号を行います。
Q2. 部分暗号化とは?
A2. データベースを全て暗号化した場合、パフォーマンスが極端に低下しいわゆる「使い物にならない」状態になります。この状態を回避するため、機密性の高い情報だけを暗号化し、情報の機密性とパフォーマンスの維持を実現します。暗号化の指定はユーザが自由にカラム単位で設定できます。
Q3. 使用している暗号化方式は?
A3. AES及びVSCに対応しています。
Q4. 暗号化の鍵の長さは?
A4. データのサイズにより可変長となります。
Q5. 稼動環境は?
A5. 稼動環境に関するページをご覧下さい。
Q6. 暗号化できるデータの属性は?
A6. RDBMSが提供する殆どのデータ属性カラムの暗号化が可能です。
Q7. 既存システムへの導入は可能か?
A7. 暗号化に対応するためにデータベーススキーマの変更が必要な場合があります。ストアドプロシジャー以外は基本的に修正しなくても動作します。ただし、データの移行作業が別途発生します。
Q8. RDBMSで提供している機能への影響は?
A8. RDBMSの提供する機能はそのまま使用できます。
Q9. パフォーマンスに影響は?
A9. 基本的には、暗号/復号を行うため若干の影響はあります。しかし、あまり影響がない場合もあります。